江戸川区の斎場・葬儀社「有限会社後藤葬儀社」お見積り・お問合せはお気軽にお電話ください。

有限会社後藤葬儀社の露度マーク。トップへ 大正元年創業以来の経験で、ご安心とご満足を。
お問合せはお電話で。24時間受付。電話番号03-3651-0042まで
全葬連所属
全日本葬祭業協同組合連合会 所属
財団法人東京都人材支援事業団 指定店
区民葬儀 指定店
if共済会 取扱加盟店
 
式場のご案内ページへ葬儀料金のご案内ページへご逝去からご葬儀後までの流れについてのページへ各ご挨拶文例のページへご葬儀のマナーついにてのページへご葬儀に関するQ&Aのページへご葬儀で使われる用語説明のページへ

 ご葬儀の流れ

ご逝去からご葬儀後までの流れ ご葬儀直後の流れ ご葬儀当日の流れ ご葬儀後の流れ

  ご逝去直後(病院でお亡くなりになった場合)  
  弊社にご連絡ください   ・24時間、いつでも結構です。

 
  ご遺体の移送   ・病院でお亡くなりになった場合、ご遺体をご自宅または安置所までお送りいたします。  
  主な御親戚に連絡   ・肉親や特別な関係の方にはとりあえずお知らせしましょう。
 ※その他の方へは、弊社と通夜・葬儀の日時を決められてからのご連絡の方が1回で済みます。
 
  死亡診断書の受取り   ・死亡診断書は、以後の手続きに必要です。必ず忘れずに受取りましょう。
・ご自宅で亡くなった場合は、医師または警察による死亡の確認が必要になります。
 
  ご遺体の安置と枕飾り   ・ご遺体を北枕 (西枕) にしてご安置し、胸に刃物をのせます。
・一本花 (まさき又はしきみ、無い場合は白菊) を用意して線香を1本ずつあげます。
・仏式の場合、枕団子 (直径3p位、6ヶ) 、一膳飯 (故人ご使用の茶碗、箸を使用) 及びお水をお供え致します。
 
  寺院への連絡   ●日時の打合せ
  ・通夜・葬儀・繰り上げ初七日などのスケジュールを相談します。
  ・戒名・法名のお願いをします。
  ・通夜・葬儀の僧侶の人数・送迎などを打合せします。
 
  葬儀の打ちあわせ  

●葬儀内容の決定
  ・喪主を決めます。
  ・通夜・葬儀の日時・式場を決めます。
  ・葬儀の規模と予算を決めます。
  ・世話役や主な係を決めます。 (受付、配車、接待、案内、寺院など)
  ・遺影写真を決めます。
  ・家紋・宗旨の確認。

●準備と手配
  1.遺影写真の引き伸ばし
  2.会葬礼状
  3.返礼品
  4.式場の設営
  5.受付用具・案内掲示
  6.接待場所(テント・暖房設備)
  7.バス・ハイヤー

 
  手続き事項  

・死亡届に必要事項を記入し、区役所へ提出し、火葬許可証を受けとります。 ※弊社で代行もいたします。

 
  死亡のご連絡   ※弊社と通夜・葬儀の日時を決めてから連絡した方が1回で済みます。
 ●ご親戚への連絡
 ●ご友人や関係先への連絡
 ●町内への連絡

・通夜・葬儀の日時が決まったらなるべく早く連絡しましょう。
・向こう三軒両隣りは、直接あいさつに出向きます。
 
  ご納棺   ・納棺日時が決まりましたら、ご納棺に立合う方に予め連絡をして下さい。
・死装束を済ませたご遺体を親族で静かにお棺へと移します。
・ご遺体の周りに故人の愛用品や好物を添えます。 (ガラス・ゴム製品等燃えない物は入れません)
 
 

お料理・式服・ご供花・お供物などの発注

 

・弊社でご用意しておりますお料理はこちらをご覧ください
・ご供花やお供物、式服に関するご手配についてはお気軽にお問い合わせください。

 
  祭壇・式場の飾りつけ  

・ご希望のプランによって、白木祭壇または生花祭壇をお選びいただけます。
・他、キリスト教、神式の祭壇など、様々なご要望にお応えします。どうぞお気軽にご相談ください。

 
  通夜の準備   ・受付の場所と人を決めておきます。 (受付係)
・通夜の接待場所、及び料理飲物の準備。 (接待係)
・遠方からのご親族の宿泊先の手配。
・生花、花環等供物の配置の確認。
・喪主、ご遺族、ご親戚の座席の配置、焼香の順番。
 
  通夜式   ・通夜式の進行等は弊社係員がお世話させていただきます。
・通夜が一段落したら火葬場へ同行される方の人数を確認しましょう。
 
  ご葬儀当日の流れ  
  式典の準備と確認   ・喪主、ご遺族、ご親族の座席の配置、焼香の順番。
・弔辞、弔電の有無、拝読の順番。
・ご挨拶なさる方のお名前の確認。
・運転手等の心付。
 
  ご葬儀・告別式   ・ご葬儀式典の進行等は全て弊社係員がお世話させて頂きます。
・故人と最後の別れ。
 
  ご出棺・火葬   ・お別れ後、出棺の前にご挨拶。その後、男性6人で出棺。 (予め決めておいて下さい) 。
  ※御位牌(喪主)御遺影(次の方)
  ※ご挨拶例はこちらをご覧ください。
・瑞江火葬場の入炉立会人は3〜5名位です。
・控室の定員 (座席数) は40名様です。
 
  ご遺骨迎え・精進落とし   ・火葬場から帰られた方々が塩と水で体(手)を清めます。
・喪主が謝辞を述べ、献杯をしてから精進落しになります。 ※ご挨拶例はこちらをご覧ください。
 
  ご葬儀後  
  挨拶回り   ※式後2〜3日の間に行いましょう。
・隣近所への挨拶
・お世話になった方への挨拶
・寺院への挨拶
・会社や目上の方への挨拶
 
  初七日   ※ご葬儀当日に済ませてある場合は、必要ありません。
 
  各種お礼状   ※式後1週間以内にできるだけ早く
・弔電、供花、供物を頂いた方にはお礼状を出したほうがよいでしょう。
・香典を書留等で頂いた方にはお礼状を出した方がよいでしょう。
 
 

○故人の諸整理
  ・身分証明書、保険証等の返却をします。
  ・給与精算、退職金、社会保険、厚生年金等の確認をします。

 
  香典返し   ※亡くなった日より四十九日前後迄
・香典帳の整理をします。
・お返しの品物は、香典の1/2〜1/3が一般的です。
・あいさつ状は、品物に付けるか、又は郵送します。
 
  満中陰法要(四十九日忌)   ・日時・場所を僧侶、親戚と相談します。
・日時が決定したら、参列予定者に案内をします。
・料理、引出物の手配をします。
  ※忌明法要は、故人にとり大変重要なものとされています。
  ※忌明に白木の位牌を塗り位牌か繰り出し位牌に替えます。
・仏壇がない場合や買い替えの場合は、忌明までに行いましょう。
・施主は下座に座り、挨拶をします。
・お墓参りをする場合は、事前にお墓の掃除をしておきます。
・埋葬の時は、埋葬許可証が必要です。
 
 

○相続の協議内容
  ・遺言の有無を確認します。
  ・遺言分割協議書
  ・法定相続
  ・相続の放棄
  ・相続税の申告と納付を10ヶ月以内に行います。
  ・故人の確定申告は、相続から4ヶ月以内に行います。

 
  諸手続き   ・国民健康保険加入者は、区役所から葬祭費が支給されますので申請をしましょう。
・社会保険、労災保険加入者は、埋葬料を勤務先にお願いします。
・国民年金の手続きにより、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれかが支給されます。
・葬儀費用の領収書は、保管しておきましょう。
 
 

○遺産整理と形見分け
  ・仕事関係の書類は、5年間の保管が必要です。
  ・原則として遺族で分け、目上の人には分けません。
  ・帯、着物、背広などは、仕立て直し使うことができます。

○初盆、一周忌、年忌法要
  ・初盆祭壇、盆提灯、迎提灯を準備します。
  ・寺院と日時の打合せをします。
  ・年忌法要は、一周忌、三回忌、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、三十七、五十‥‥と続きます。
  ・亡くなった月日の翌年の同じ月日に一周忌をおこない、その翌年 (満2年目)に三回忌と数えます。

 
 
 
 
 
 
後藤葬儀社のご案内
ご葬儀について
         
         
         
         
有限会社後藤葬儀社のロゴマーク。トップへ

有限会社後藤葬儀社 本社| 東京都江戸川区西小松川町32-7  TEL03-3651-0042
後藤式場[小松川] 東京都江戸川区西小松川町20-10 TEL03-3674-9010/後藤セレモニーホール[葛西 ] 東京都江戸川区中葛西1-18-3 TEL03-3689-0042
copyright(c) 2014 Gotosougisya Co.,Ltd. All Rights Reserved.