江戸川区の斎場・葬儀社「有限会社後藤葬儀社」お見積り・お問合せはお気軽にお電話ください。

有限会社後藤葬儀社の露度マーク。トップへ 大正元年創業以来の経験で、ご安心とご満足を。
お問合せはお電話で。24時間受付。電話番号03-3651-0042まで
全葬連所属
全日本葬祭業協同組合連合会 所属
財団法人東京都人材支援事業団 指定店
区民葬儀 指定店
if共済会 取扱加盟店
 
式場のご案内ページへ葬儀料金のご案内ページへご逝去からご葬儀後までの流れについてのページへ各ご挨拶文例のページへご葬儀のマナーついにてのページへご葬儀に関するQ&Aのページへご葬儀で使われる用語説明のページへ

 ご葬儀のマナー

  危篤を告げられた時   家族、親族、友人や知人に一刻も早く知らせます。 遠方に住んでいる方には、危篤になる前に状況を知らせておいてもよいでしょう。
 
  臨終を告げられた時   病院で亡くなられた場合は医師が御臨終を伝えてくれますが、家などで亡くなられた場合はすぐかかりつけの医師を呼んで確認してもらいます。
お身内への連絡や、故人と親しかった方たちへ連絡をします。 亡くなった方がお仕事上で現役であった場合は、ただちに会社に連絡を取り協力を仰ぎます。 突然のお別れに、心が空虚になり思考能力も低下します。しかし、すぐに執り行わなければならない葬儀の決定を、次々と行っていかなくてはなりません。 連絡などは全てご自分で行わずとも、お願いできる方にご伝達を頼んでのかまいません。
ご逝去後の準備や必要な事柄は、弊社にご遠慮なくご相談ください。代行させていただけるものもございます。
 
  死亡の手続き   火葬をするにあたり、行わなくてはならない事務手続き。  
 
死亡診断書を受け取る
  病院などからご遺体を引き取る際に、「死亡診断書」を受け取ります。この用紙には、故人の氏名、性別、死亡日時、死亡場所の住所、死因などの記入欄があり、担当医師は各項目を記入のうえ署名または捺印をします。
死亡診断書は、死亡届と一緒になっています。これを役所に届けますが、諸手続きに必要な場合があるので、必ずコピーをとっておきましょう。
 
 
死亡届を提出する
※弊社で代行いたします。
  死亡届は死亡診断書の半面にあります。故人の本籍地か死亡した場所、届出人の現住所、いずれかの市区町村役所に提出します(提出の際は、印鑑が必要になります)。休日や夜間も受け付けています。死亡届を出さなければ「火葬許可証」が発行されず火葬ができません。
※書式は市区町村で異なります。
 
 
火葬許可証を受け取る
※弊社で代行いたします。
  死亡届が受理されたら、その場で火葬許可証の交付を受けます。火葬許可証は、火葬の際に火葬場の受付に提出します。火葬が終了すると火葬許可証に押印され、納骨時に必要な「埋葬許可証」となります。  
遺族・喪主の服装   喪主や遺族など弔問客を迎える立場の人は、原則として喪服を着用し、主催者側として「喪章」を着けます。
しかし、通夜が始まるまでは「地味な平服(普段着)」でかまいません。通夜は、喪服を着ても正式の喪服でなくても問題ありません。
※地域によって多少異なる場合がありますので、葬儀業者などに相談しても良いでしょう。
      喪服は、昔は和装の方が多かったようですが、最近では洋装が多くなってきています。  
 
男性の服装
  シングルまたはダブルのダークスーツが基本です。
 ・シャツ|白
 ・ネクタイ|黒
 ・靴下|黒
 ・靴 |黒
葬儀・告別式の場合は「モーニングコート」でもかまいませんが、モーニングは昼間の礼装ですので、通夜には着ません。 和装なら「黒紋付に羽織、袴」。
※葬儀・告別式で喪主がダークスーツを着る場合、遺族や親戚などがモーニングコートを着ることは控えましょう。
 
 
女性の服装
  和装の場合は「五つ紋付・黒い帯・帯揚げ・帯締め・草履」など、黒で統一します。
洋装の場合は以下をご参考になさってください。
  ・黒のワンピース、スーツ、アフタヌーンドレスなど
  ・夏でも長袖とし、肌の露出を避ける
  ・靴、ストッキング、手袋は黒
  ・メイクは薄化粧、ナチュラルメイク
  ・パール、オニキスの1連のものの他、結婚指輪(婚約指輪)以外のアクセサリーは身に着けない
  ・バックは布製。殺生を連想する革製品などは避ける
 
 
子供の服装
  学校の制服、またはダーク系のジャケットやワンピースに白シャツ・黒の靴。
※リボンなど付いていないシンプルなものを。
 
  返礼品の金額目安   いただいた金額の半額に相当する品物を贈るの「半返し」が基本と言われますが、 実際には、3割、4割の金額でお返しするという方も増えてきています。 特に、故人が一家の大黒柱であった場合には、三分の一を目安にする場合もあります。
また、 「当日(即日)返し」の場合には2,000円〜3,000円程度の品物をお返しされるケースが多いようです。例えば、当日返礼品に2,500円のお品物をお返しした場合、お香典が5,000円の方には既に「半返し」となりますので、その後のお返しはご不要となります。また、お香典が10,000円であれば、半返し5,000円-当日返し2,500円=2,500円となりますので、2,500円相当の品物をお返しなさるとよいと思います。
 
  返礼品を贈る時期   基本は宗派により以下を参考になさってください。
 ・仏式|三十五日から四十九日の法要の後
 ・神式|三十日祭および五十日祭の後
 ・キリスト教|ご葬儀後1ヶ月以内 ※香典の習慣はありません
最近では、「香典返し費用を節約したい」「葬儀・告別式の場でこちらの気持ちを表したい」 というご遺族の意向で、 当日にお返しをする方も増えています 。
 
  法要を行う日   初七日(しょなぬか)
二七日(ふたなぬか) 
三七日(みなぬか) 
四七日(よなぬか)
五七日(いつなぬか)
六七日(むなぬか)
七七日(なななぬか)
…亡くなった日から数えて七日目
…亡くなった日から数えて十四日目
…亡くなった日から数えて二十一日目
…亡くなった日から数えて二十八日目
…亡くなった日から数えて三十五日目
…亡くなった日から数えて四十二日目
…亡くなった日から数えて四十九日目 ※四十九日法要
 
      ※関西では亡くなった日の前日より数えるなど、地域により異なります。
その後、1周忌(翌年)、以降は亡くなった年をいれて数えます。3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌と続きます。
 
  神式の霊祭について   清祓の儀と合祀祭
忌明けの翌日、葬儀の際に神棚や御霊舎にはった白紙をはがす清祓の儀を行う。墓前で行うなら墓前に、自宅で行う場合は神棚に、洗米、塩、水、故人の好物、花などを供え、神官を迎えて祭祠をおこなう。
一年祭のあと、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続き、五十年祭までは十年ごと、その後は百年ごとに行う。
 
  キリスト教式の追悼式について   カトリックでは死去三日目、七日目、三十日目及びその後十年目や二十年目と区切りのよい年に「追悼ミサ」を行います。プロテスタントでは一ヶ月後に「召天記念日」、一年毎に「記念式」を行います。いずれも会場は教会で、ミサや式が終わったあとに教会の一室や自宅で茶話会を開きます。  
 
 
 
 
 
後藤葬儀社のご案内
ご葬儀について
         
         
         
         
有限会社後藤葬儀社のロゴマーク。トップへ

有限会社後藤葬儀社 本社| 東京都江戸川区西小松川町32-7  TEL03-3651-0042
後藤式場[小松川] 東京都江戸川区西小松川町20-10 TEL03-3674-9010/後藤セレモニーホール[葛西 ] 東京都江戸川区中葛西1-18-3 TEL03-3689-0042
copyright(c) 2014 Gotosougisya Co.,Ltd. All Rights Reserved.